お米の保存方法

真空包装なら1年でも大丈夫

真空包装がパンクしていない未開封の状態で、直射日光のあたらない場所・暖房のかからない20度以下の涼しい場所であれば、1年でも大丈夫です。

開封後は?

真空包装がパンクしたり開封した場合、平均気温が20度を上回る暖かい季節は、虫の発生が多くなり、お米の品質低下に注意が必要です。

タカのツメや、粉わさびの入った天然物防虫剤を、お米の入った袋の中や米びつのふた裏に貼り付けて置くと、虫がにおいを嫌がるので、完全ではありませんが、虫の発生を抑える効果があります。
(真空包装でお買い上げのお客様の場合は、米びつやライサーを使用しないで、お届けの袋のままで、天然防虫剤を入れて保管してください。)

15度以下のところで保存いただければ最適ですが、冷蔵庫で保管の場合は、お米が乾燥しないように袋の口を閉じておいてください。

ペットボトルで冷蔵庫がベスト!

開封後は、乾燥させたペットボトルにお米をいれて、冷蔵庫で保存する方法がオススメです。

最初に、2リットルタイプで口の大きいペットボトルを水洗いして、よく乾かしておきます。真空パック開封後、又は、一般包装の購入直後のお米を、じょうご(ペットボトルを上部3分の1を切り取り、その部分をじょうごの代用に)を使ってお米を入れて、冷蔵庫で保管します。このようにすると、米の乾燥もなく、当然虫もわかないのでバッチリOKです。

もし虫が発生してしまったら

無農薬のお米の場合は、特に虫は発生しやすいですし、当園の場合、精米設備やその他お米の保管場所についても、一切農薬は使用しておりませんので、虫の発生は免れません。

虫が発生した場合は、多めの水で洗い流してください。もし虫が混ざったままご飯にしても、衛生面でも健康面でも全く問題はありませんのでご安心ください。

このカテゴリ「お米の豆知識」のメニュー