お米の栽培表示

お米の栽培表示についてご紹介します。

「お米の栽培表示」ってむずかしいね?

お米や農産物の栽培に関する表示は、大きく分けて、
1. JAS有機栽培、2. 特別栽培、3. 普通栽培(表示なし)になります。

JAS

「JAS有機栽培」とは? 

化学合成農薬、化学肥料、化学合成土壌改良材を使わないで、3年以上を経過し、有機質肥料等による土作りを行った土地で収穫して、国の定める認証機関の現地や書類の審査に合格し「JAS有機マーク」の付いた農産物のことをいいます。

「特別栽培」とは?(滋賀環境こだわり認証)

農林水産省では(お米など)農産物の表示ガイドラインを平成16年4月1日新しく施行しましたが、一般にはなかなか理解されていないようです。
そこで、新ガイドラインを簡単に表にまとめてみましたので、ご参考にしてください。

農産物表示、新ガイドライン
項目 無農薬
栽培期間中農薬不使用
減農薬
農薬50%以上削減
慣行普通栽培
無化学肥料
化学肥料不使用
特別栽培
(旧の無農薬無化学肥料栽培)
特別栽培
(旧の減農薬無化学肥料栽培)
一般普通栽培
(旧の無化学肥料栽培)
減化学肥料
化学肥料
50%以上削減
特別栽培
(旧の無農薬減化学肥料栽培)
特別栽培
(旧の減農薬減化学肥料栽培)
一般普通栽培
(旧の減化学肥料栽培)
慣行普通栽培 一般普通栽培
(旧の無農薬栽培)
一般普通栽培
(旧の減農薬栽培)
一般普通栽培

詳しくは、農林水産省のホームページ内、「特別栽培農産物、新表示ガイドライン」をご覧ください。

「特別栽培農産物」は認証制度が義務付けられていないので、自己申告の場合も多くあります。
罰則も設けられていませんので、信頼性の高いお店や農家からの購入がよいでしょう。

このカテゴリ「お米の豆知識」のメニュー