中道農園は新型ウイルス対策に取り組んでいます。 感染症予防対策とお米の衛生管理について

\新米とれたよ/令和3年度産(2021年)の新米、大好評発売中です! 全商品一覧お米を比較する

オーガニック研修

滋賀県が立ち上げてくれた「オーガニック近江米」ブランド。 その研究会です。 多くの応援メッセージをもらい、有機技術のエッセンスのお話しです。 参加された皆さんは皆勇気づけられたことだと思います。 二昔前と比べて、みんながみんなでオーガニックを進めようと言う気分は とてもとてもありがたいことですね。 僕も甘えることなく頑張りたいと思っています。

排水性改善で元気なイネの根っこ!

近代は大きなコンバインやトラクターを使って作業します。 ところがこの重たい機械で田んぼを固めてしまい、 排水性が悪くなる現象が起きています。 この排水性が悪くなると、酸素を含んだ水が下に染み込んでいかなくなり、 その結果根っこへの酸素の供給が少なくイネの根っこの元気度合いも下がり気味になります。 「イネは根っこが命」 そこでサブソイラーと呼ばれるナイフを田んぼにかけて排水性を取り戻すのですが、田植え機などが方向転換する四角や枕地などは田植機の車輪がはまってしまう問題が出てきます。それで長年排水対策をできないままでいたのです。 ところが、縦穴を掘る事を教えてもらって実践を始めました。 これであれば田植え機がはまることなく排水対策ができます。

田園コンサート

2020年11月8日(日) 中道農園にてイベント開催! 音楽のミニコンサート x 農園見学を2つ同時に体験! アイリッシュハープ弾き歌い渡邊真位さん・里美みどりさん・齋藤恵さんの心が澄み渡る爽やかな演奏と、アコーディオンの小川正浩さん・バイオリンの竹内章人さんを交えて、トランペットの松木 理三郎さんの大地に広がるダイナミックな演奏ー 音響機器を使わない 心で感じる「自然の音色」をお楽しみいただけます。 主催の中道農園では、農薬や肥料を使わず栽培する”自然栽培”に取り組んでいます。 自然の摂理を尊重した栽培方法「自然栽培」と、音響機器を使わない「自然の音色」は共通点が多く、「自然」をテーマにしたコラボイベントを開催。 自然に回帰する贅沢なひと時をお過ごしください。 お子様にも自然の音楽にふれる体験を ご家族でのご参加、小さなお子様も大歓迎! 生演奏を聴いてみたい方はも […]

限界集落だって元気バリバリ!

「腹をくくった者だけが未来を歩める」のかも知れないです。 そんな事を感じさせた、 京都府福知山市農事組合法人かわい代表の土佐 さんのお話でした。

「儲かってしまう農業」を目指す

儲からないのもこまる 儲けるのもなんか無理がある。 僕は 「儲かってしまう農業」を目指しています。  

野草達は大切な資源

休耕田は土作りのチャンス 野草たちは環境に適した種類のものが生えます。 そのたくましく育った彼らをトラクターで粉砕しています。 野草達に作物が育つための大切な肥料となる有機物を作って貰います。 それを微生物資材でしっかりと分解させてあげれば、理想的な土作りが安価にできることになります。 私たちの農家のお仕事は、どう「自然の摂理にあやかる」か? なんですよね。  

お米のおいしさ 食べ比べ

お米のおいしさの評価には、近赤外線を使って測る方法(ホームページで公開している数値)と実際に炊飯して食べ比べをする方法等があります。 この方法は下準備が必要なことと、人によってのばらつきがあることが特徴です。 でも実際に食べ比べする方が実感が湧きますよね。 このようなテストを経て来年の作付計画を行っております。

モミガラ堆肥の作り方

モミガラはお米を収穫したときにできる副産物で貴重な資源です。 ところがこのまま田んぼに戻すとイネの根っこが成長するときに邪魔をするんですね。 それを防ぐため田んぼに戻す前に微生物の力を借りてある程度まで分解をしてあげます。 すると根っこには障害が出なくなり逆に豊富な養分とイネの成長を助けます。 特に大きな成分はケイ酸。これは稲の体を強くし、さらにありがたいことにお米の味を上げると言うことが、科学的にわかっています。 ちょっと一手間入れてあげるだけでイネは大喜びですね。

田んぼの土の、お味は?

日ごろの 田んぼの土の健康度チェックの方法を動画にてお見せします。 田んぼの土の健康度を測るには、土を舐めて。 苦味 エグミ等、口の中には入れられない様な土は、オーガニック的には、まだまだ育ち途中と言えます。 苦みやエグミは化学物質が原因の場合が多くまだまだ微生物が育ち切っていいないと判断できます。理想的な土は 「ホンノリ甘い」になります。 街の方々は、消費者のプロとして、生産者はそのプロとして大切な情報の一つとして、少しずつ極めて行く必要がありますね。 大根や生野菜の葉っぱが苦味やエグミを感じた場合はまだまだ育ち切っていいない田畑の作物といえます。 ここでは、街の方々になんらかなお役に立てば幸いです。 (田んぼの土を舐めたり食べたりしての問題責任は一切負えませんので、ご確認お願いします。)

夏季休暇(8/13〜8/16)と出荷日の...

いつも中道農園をご利用いただき、誠にありがとうございます。 誠に勝手ながら、2020年8月13日(木)〜8月16日(日)まで、夏季休暇とさせていただきます。 8月13日(木)以降のご注文・お問い合わせは、原則として8月17日(月)以降のご対応となります。 夏季休暇中のご注文と出荷日 ご注文日 出荷予定日 2020年8月12日(水)〜2020年8月16日(日) 2020年8月17日(月)以降に順次出荷 2020年8月17日(月)〜 順次出荷 (通常営業開始) 休業期間中はご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。