藻の発生初期を想定しての実験の結果。各バケツに ほんの少しの藻と化成肥料オール14一粒、そして乳酸菌を左から2、4、6、8、10cc 下のバケツは乳酸菌無し。結果は、6cc以上が藻が変色し明らかに藻の元気を奪っています。実験まとめとしては、藻の発生が少ないとしても、1000㎡当たり60ℓの乳酸菌(EM菌1号)が必要とゆう計算になりました。皆さまのご参考になれば幸いです。 中道 唯幸さんの投稿 2018年6月24日日曜日