労働負荷測定

    先々週の木金、滋賀医大の辻村教授と学生さん達が、農業現場の労働安全や負荷の体験を兼ねて測定に来られました。             30kg以上になる肥料散布機を背負ったり(農家の皆さんは想像出来るように、田んぼに足を取られてこけたりも) お酢やにがり散布のホース引っ張りも体験して頂きました。           うちのスタッフ同様に、心拍計や加速度計を 身にはりつけての測定です。 この結果を観ると想定どうり、いかに中道農園の労働環境が厳しいかを露出してしまいました。 、 、   しかし、医学的知識が少しあるだけで、大きく改善できたりすることも学びました。 例えば直射日光を浴びぬよう、サングラスや長袖を着るだけで、疲労度が大幅に改善 したり、 […]

基盤整備、大切だよ!

田植えも終わり、除草作業もピークを超えました。 そんな中!やっと福島にお邪魔させていただきました。 もともと元気あふれる仲間ばかりですが、またまたみんなからエネルギーをもらった感じです。f^_^;)  さて、本題です。 ぼくの住む滋賀は30年程前に基盤整備が進んでおり、おおむね1区画3000平米に成っており、最近では一枚の大きさが1万平米以上の田んぼも、全然珍しくありません! でも、例えば京都や兵庫も全く手が付いていない地域があり、米所である東北でも、こんなに未整備だとは、気が付いていませんでした。f^_^;) TPP国際競争力を問われる中、未整備の田んぼでは、余りにも理不尽です。 大至急、当事者努力は当然ですが、国民あげての応援が必要と感じます。 予算に関しては、農家や農協に支払われる予算を削ってでも基盤整備を優先すべきだと考えます。 基盤整備は、限られた国土の有効利用度を大きく改善し、 […]