芽が出てきたよー

25日に蒔いたイネの赤ちゃんの芽が出てきました。(o^^o) ちいちゃ芽があんなに大きく育つのかって思うとふしぎです。 今年も新たなバージョンUPへ挑戦です。

無農薬 田んぼにクン炭散布

おだやかな 春もようの今日 それにあやかって、モミガラクン炭をまいてます。 モミガラを焼いただけなのでとても軽くて扱いにくいので、 水を少し混ぜて 丁度いい感じ! 菜穂ピーのお顔にも炭が、、、(^^;;は

春の荒代かき始まる

昨日の雨、しっかり降りました。(^^;; 田んぼを乾かした上での作業が良いのですが、諦めムード! そこで逆の発想、代かきを始めました。 菜穂ピー がんばってね。

無施肥無農薬栽培のお勉強!

本業の勉強なんですが、このテーマは、とでも難しいのです。(^^;; が、ゆえに、新たな発見が多いんです。 農業に肥料無しって、常識的に考えてありえないですよね。 でも、見事なお野菜が取れたり!! この不思議に、京都大学をはじめとする先生方が取り組んでおられます。 未来かとてつもなく大きな世界です!

雑穀おにぎり発見!

移動途中の新橋で、雑穀おにぎり発見! 職業柄即買い。都会では当たり前のショップなのかな? 田舎者の僕には 分からないです。(^_^;)

農園が進化するために!

農園管理ソフト フェイスファームのお勉強。 これを導入することで、お客様に明快な栽培履歴を提示出来るし、 何より自分の農園が客観的に観えるんです。 どんどん改善点が浮き彫りになる!;^_^A 本日 ソリマチの平石社長さんに来ていただけました。^o^ 開発コンセプトを始め数々の機能を教えていただき 頭はスッキリ! これは行けそう!! 近日中に始動します!!

アイガモ農法から微生物農法へ

《アイガモ農法とは》 田植え後10日前後の田んぼに、 アイガモ(アヒルと鴨の掛け合わせ) の生後10日ほどのヒナを放ち、 稲の生育に邪魔する草や虫などを駆除する、 無農薬で栽培するには比較的導入しやすい農法です。 また、消費者の方々から見ても 農薬を使わずにお米を育てる 大変解りやすい農法でもあります。 中道農園でも有機栽培初期は、 この「アイガモ農法」で栽培していました。 可愛いヒナたちが田んぼを 気持ち良さそうに泳ぎ回るのは、 なんとも和やかな風景です。 《不自然な生態系!?》 有機農業を必死で勉強していくなかで 見えてきたことのひとつに ” 元気な田んぼは生態系豊かで、 色々な生き物がお米と一緒に育ちます ” しかし、アイガモ農法は「稲とアイガモだけ!」 の田んぼになってしまい不自然に感じてきました。 《アイガモ米おいしいの!? 安全なの!?》 アイガモ農法は、アイガモたちが草や虫な […]