中道農園は新型ウイルス対策に取り組んでいます。 感染症予防対策とお米の衛生管理について

\新米とれたよ/令和3年度産(2021年)の新米、大好評発売中です! 全商品一覧お米を比較する

播種

今週に入って播種の作業が始まりました。 ~あきた小町、ひとめぼれ、夢ごこち~   播種作業を行うハウスです。   左に見える大きい四角の箱!?が 農園長自慢の手作り”出芽器”です。 温度を適温に管理して 発芽を早めます。     1.まず肥料→床土→水が入ります   2.種が播かれます ここでも農園長のこだわりがあります。   市販のものでは均等に少なく播けません。 たくさん播くと確実に芽は出るのですが もっと少なくして のびのび♪成長した苗に 育てたいのです。 それで農園長が改造を重ね 理想通りに播くことができるようになりました。   3.覆土が入ります これらの作業はベルトコンベアーで 機械化されています。 専用のパレットに並べて 出芽器に入れます。     出芽器の設定温度は 一般より6℃低い25℃に設定します。 この温度は雑菌も発生しにくく 滋賀の自然に近い温度です。   […]

温湯消毒を始めました

16日(金曜日)から種もみ消毒を始めました。 ばか苗病、心枯線虫病などの病気を予防します。 以前は、農薬に浸す消毒方法で。。。 その作業をするとなる頭痛に 農園長は苦しめられていました。 何か良い方法はないのか? と始められたのが ”温湯消毒” です。 中道農園では15.6年前から 温湯消毒をで行っています。 60℃のお湯に種もみを8分間浸し すぐ今度は常温水槽で浸します。 シャワー付きの水槽で空気中の 酸素を取り込みながら浸しています。 この方法は農薬から人を守るだけでなく 廃液は最終、琵琶湖に流れることになるので 環境にもやさしく 薬代もかからないという 一石三鳥な消毒方法なのです。 じっくり もみ の中に水分を含ませ  目覚めるための下準備をしています。

ポン菓子

事務所前の梅の花が咲きました。満開も美しいのだけれどつぼみからの咲き始めってとても可愛いです。   金曜日、農園ではポン菓子を作りました。 こんな器械で作ります。 本当に「ポン!!!」って音がするんです。 大爆音ですが。。。 出来たポン菓子は市販のものと比べて 粒が大きく感じました。 玄米で作ったものが 意外とおいしくて驚き!

コハクチョウが 今年もやって来た。

この冬の初めは、降水量が少なく、田んぼに水をためられなくて たくさんの野鳥たちが、やってきてくれるか 心配していました。  自治会長さんもコハクチョウの様に首を長くして待っていたんです。 今日、「コハクチョウを愛する会」のTさんから、報告と写真を頂きました。 多くの野鳥たちがやってくる有機田んぼって、とても楽しいです。!!

理想の有機栽培

前回の続きです。。。 「有機の上って?」 有機栽培にもいろいろな栽培法があります。 まず、簡単にできる有機栽培 ●【入門編】を紹介します。     (法律の上では一応有機農法) <あいがも農法>・・・田んぼの中は稲と鴨だけになり生態系は成り立たない <紙マルチ>・・・除草剤を置き替えただけ ●【上級編】農園長が理想とする有機栽培 <生物多様性型農業>・・・生態系の一環として、田んぼに住む仲間を認めたうえ             共存の中で栽培する 自然界の中で住みやすい環境=多種多様の生き物と共存

民間稲作研究所 講習会

2月26日、民間稲作研究所の講習会がありました。 正確には民間稲作研究所と 民間稲作研究所認証センターの2つの講習会です。 「生産し販売するための資格を習得するための講習会」と 「無農薬有機栽培で生産するための技術の講習会」 が午前と午後で開催されました。 中道農園からも毎年、この講習に参加させていただいています。 今年は5年ごとの改正がある節目の年でもありましたので 農園長が参加させていただきました。 翌日、講習の話を農園長から聞きました。 資格習得の試験では、農園長もビックリ!! 今までの選択式から記述式へ。。。 パソコンへの甘えが。。。と反省されていました。 試験は年々難しくなり、いろいろな書類関係は厳しくなる一方です。 午前中に行われた 「生産し販売するための資格を習得するための講習会」 の参加が余りにも盛況だったので、 ライバルが増える一方、 有機農業に関心を持つ人が増えた♪と、 […]

松屋の「牛めし」っていいかも!?

 最近、松屋さんが 牛めし等の商品を「無添加で自然なおいしさ」と宣伝されてますね。 あの価格で本当にそんなこと出来るのかなあ??ってことで、車で30分わざわざ草津のお店まで食べにいきました。 おっと、化学調味料のアレルギー症状は出ない。 感激!!です。 実は僕、農薬中毒が発端で、化学調味料アレルギーなんです。  15年ほど前に異常に気がつき、症状が比較的軽い時は、色々と外食などの食べ物で試しました。 おてごろ価格のお店の場合、現代の厳しいコスト計算の中では 化学調味料の多用も仕方ないことだと認識しています。 しかし、 「松屋」さん凄い!! この会社のこの行動が、大きな改善への変化に繋がるかも??              説に願っています。 「松屋さん 凄い!!」              中道唯幸

『土を考える会』勉強会

7、8日と選りすぐりの農家さんが集まる 『土を考える会』の勉強会が滋賀で行われました。   農業部門での楽しく充実している勉強会は 「無農薬の勉強会」と、この勉強会です。     初日は、先進的な農家さんの講演と パネルディスカッションがありました。   地元のお客さんと密接な営業展開をされている 石川県 (有)林農産の林さん「23世紀お笑い系百姓を目指して」   オーストラリアをはじめとする海外へお米の輸出をされている 山形県 (有)米シストの佐藤さん「ジャパンライス海外への挑戦」     おふたりの講演をお聞きし、 その後、滋賀共同ファームの専務と当園長も加わり 京都府立大の桂さんコーディネイトのもと パネルディスカッションが行われました。   次の日は中道農園の見学に来ていただきました。     […]

玄米茶

今日は玄米茶を作ってみました。   【玄米を炒る】 1.ホットプレートに2合の無農薬玄米を入れ   弱火で1時間30分炒ります。   その時、15分後とにかきまぜます。   2.次に中火で、焦がさないよう1時間程炒ります。   3.玄米を1粒取り出し半分に割り、断面が茶色に   なっていれば出来上がり。     【玄米茶の作り方】 1.やかん(2㍑)に 炒り玄米を大さじ3杯   入れ沸かす。   玄米は水から入れ、沸騰させてから弱火で15分。  2.一摘みの塩を入れる。         独特の香ばしさで麦茶のクセを無くした感じです。 美味しくいただきました。      

感謝です!

沢山のお葉書を頂いていましたので 遅くなりましたが紹介させて頂きます。 いつも応援いただきありがとうございます。 感謝です!