有機栽培の田んぼは 「野鳥パラダイス」

田んぼで見られたシギ チドリ  10月20日 セイタカシギ1 エリマキシギ1 タカブシギ7 ハマシギ2 タシギ1 ムナグロ11 10月21日 セイタカシギ1 タカブシギ7 ハマシギ2 タシギ3 日中はコハクチョウの確認ができなかった。 情報写真提供 Mさん ありがとうございます。

「コハクチョウ」がやって来た。

「コハクチョウ」が、中道農園の有機田んぼにやってきた。 10月13日 野鳥の会の方々の観察で確認! 「コハクチョウ」は「冬の使者」と呼ばれ、秋にシベリアからびわ湖周辺にやってくる。 普段はエサとねぐらを求めてびわ湖の周辺にやってくる。 しかし、田んぼへの飛来は珍しい。 この田んぼJAS有機の田んぼで10年あまり農薬などの化学資材は一切つかっていない。だから、生態系が豊かで、水鳥たちにとってはエサが豊富で居心地がよいんでしょうね。 以前から珍しい野鳥観察の穴場になっていて、望遠鏡を持ったバードウォッチャーの方々を良く見かける。そのたび野鳥について色々と教えて頂いている。 今回の田んぼへの飛来はかなり珍しいのか、 多くのマスコミがやって来た。 NHK KTV BBC 産経 中日 京都新聞 「COP 10]の影響もあるのかな? 写真提供は「びわ湖草津湖岸コハクチョウを愛する会」の寺田さん、ありが […]