2017.07.21 農園日記

生活者の為の 情報入手法

農業者である僕にとって、「肥料は絶対必要!」と思ってました。

 

自然栽培の先輩から「肥料は無くても作物は育つ」と云われて、

疑いの目で始めた自然栽培の田んぼ。

農薬はもちろん肥料も一切与えないで、もう10年超えました。

 

残っていた肥料成分は、完全に使い切っているはずですが、この夏も立派に育っています。

正直言って「信じられない!」ですよね。僕自身も信じられないのですが、事実です。

 

ここで学んだ事は、「思い込みは、間違いかも?」ってことです。

 

 

日頃色々な角度から情報が入ってきますね。

メディア、ネット、SNS、知人、等々、多種多様です。

 

でもその情報が、どの様な目的で発信されたのか想像して観る必要があるのです。

 

でも、すべての情報は大変。

そこで、仕事や食べ物など自分や家族の身に影響の大きい情報は、是非見直して欲しいのです。

 

農家の僕だったら、「肥料は絶対必要?」みたいな感じで!

「なぜ安い」「なぜ便利」「なぜ美味しい」なんかも!

特に重要な課題は、自分の足で稼ぐ事も必要かも知れませんよ。

 

私たちの「身体は食べた物で出来ている」から、特に食べ物情報も重要ですよね。

 

僕は「農業のプロ」として、

お客様は「消費者のプロ」として、お互いに「より賢い選択」が出来るように成りたいですね。

 

 

次回は、有機農産物増産のハードル について書きますね。

 

 

 

 

 

共有・シェア

コメント投稿

必須
必須
任意
必須
必須

CAPTCHA