2007.11.02 農園日記

職業講話 中主中学の先生の皆様及び二年生の皆さんへ

本日は つたない話をお聞きいただきありがとうございました。
なかなか上手にお話出来ず申し訳ありませんでした。
このブログで補足させていただきます。


学生さんたちへ
実社会はやはり大変です。
しかし最初からプロの人はいません。
毎日の色々な失敗や苦労、悔しい思いが未来につながります。
今、何をしてよいのか分らなくても、
それに悩むだけでも将来につながります。
良いこと悪いこと楽しいこと苦しいことすべてが未来のしあわせの土台になります。
何事にも怖がらず「まずは挑戦してみよう!」
僕がお話ししたかったのは、地球上の生き物すべてが仲間であることです。
たとえば農業の場合は「じゃまになる雑草や害虫、病気でさえも、作物がたくましく元気に育つのに必要だ」と言うことです。
実社会では一見プラスにならないような事柄でも、成長に大きく貢献しています。
だから、身の周りの人々や植物や生き物を大切にしながら
また、周りの人たちや生き物に支えられながら成長し育っていくのだとおもいます。
 「やっぱり、日々トライ!だ!」
 本日は誠にありがとうございました。 中道農園 中道唯幸

共有・シェア

コメント投稿

必須
必須
任意
必須
必須

CAPTCHA