2012.03.28 栽培記録

播種

今週に入って播種の作業が始まりました。
~あきた小町、ひとめぼれ、夢ごこち~
 
播種作業を行うハウスです。

 

左に見える大きい四角の箱!?が

農園長自慢の手作り”出芽器”です。
温度を適温に管理して
発芽を早めます。
 

 
1.まず肥料→床土→水が入ります

 

2.種が播かれます

ここでも農園長のこだわりがあります。
 
市販のものでは均等に少なく播けません。
たくさん播くと確実に芽は出るのですが
もっと少なくして のびのび♪成長した苗に
育てたいのです。
それで農園長が改造を重ね
理想通りに播くことができるようになりました。

 
3.覆土が入ります

これらの作業はベルトコンベアーで
機械化されています。

専用のパレットに並べて
出芽器に入れます。
 
 
出芽器の設定温度は
一般より6℃低い25℃に設定します。
この温度は雑菌も発生しにくく
滋賀の自然に近い温度です。
 

作業をしているのは奥田のお兄さんと菜穂ちゃん
菜穂ちゃんの作業服かわいいでしょ♪

 

 

共有・シェア

コメント投稿

必須
必須
任意
必須
必須

CAPTCHA