\新米発売開始!/ 2019年産(令和元年)の新米を発売開始!自然栽培米は残りわずかです! 全商品一覧へ

農園日記

2019.08.10  農園日記

自然栽培 拡充宣言!

より生命力のあるお米の栽培を通じて、みなさまの健康的な生活に貢献したいー
この想いから、2019年産のお米の自然栽培面積を大幅に拡大しました。
自然栽培米は10年以上無農薬の田んぼで栽培、有機栽培米は6年以上無農薬の田んぼで栽培。
中道農園は、有機栽培から自然栽培へ大きくステップアップします!

1. 背景

有機栽培(農薬や化学資材を使わず、有機肥料で栽培する方法)を進める中で、土が育ち肥料の必要が少なくなりました。

ここで肥料を使わず栽培すると、「いずれは土のいずれは養分が枯渇し何も育たなくなるのでは?」
「害虫や病気になった時、手立てが出来ないが大丈夫だろうか?」
という心配がありましたが、十数年前から肥料を使わない栽培方法「自然栽培」に取り組みはじめました。(詳細は「なぜ自然栽培??」へ)

2. 自然栽培への取り組み

そこで自然栽培に取り組み続けた所、開始3~5年は想定通り収穫量は落ちました。
しかしその後、収穫量は急に回復し、有機栽培時の7割程度の収穫が得られるようになりました。

肥料を施さないことで人の介在が無くなると、彼らの自由な活動が始まり、農業技術では補えない素晴らしい働きを始め、彼らは多様な養分の供給をしてくれるのです。

また、多様な生き物環境は、食物連鎖のピラミッドも安定しています。
多種多様な生き物が育つ中で当然害虫の天敵も元気に育ちます。
たくさんの虫たちが住んでいるのに、害虫による被害はほとんどありません。

さらに稲の病気も初期発生はあっても進展はありません。
肥料の施しを受けずに育った稲の細胞一つ一つが元気で強固な細胞であり、その細胞同士のつながりも強いため、甘やかされて育った細胞とは違い、自己防衛能力が高いことがわかりました。

3. 思わぬお米の特長と恩恵

自然栽培を続ける中で、思わぬ特長と恩恵がありました。

お米の外観は、常識外れの美しさです。
一粒一粒が充実したお米で、精選後と間違えるほどです。
甘やかされることなく育った稲は、稲自身が持つ力の中で次の世代へ元気な子孫を残すため、必要以上の米粒を設けないのです。(稲自身が未来のために充実したタネだけが実るように選択しているので綺麗なお米が揃うのです。)
さらに古米、古古米になっても味が落ちにくく、場合によっては古米にしてからの方が美味しいと評価されることも多々あります。

噛み応えあるお米は元気の証!
自然栽培は、米粒がしっかりとしていて、一粒一粒噛みごたえがあります。(少し硬いです。)
これは、お米を構成する個々の細胞が丈夫で、さらに細胞同士も強く結びついているためです。
元気なお米は、細胞が丈夫なだけに、何度もしっかり噛むことで、自然そのものの味わいが楽しめます。現代の食生活では、食べ物が柔らかくなり噛む回数が少なくなりつつありますが、自然栽培のお米は7回以上噛むことで、お米本来の美味しさを実感いただけます。
(自然栽培米を通じて、食生活の改善のキッカケになると考えています。)

美しい田んぼで楽しい農作業
稲の形や色がきれいでたくましい姿に加え、多くの生き物が暮らす環境は、田んぼをにぎやかにし、共に暮らす私たちも田んぼに出向くと清々しく気持ちが落ち着きます。
私たち生産者は、もっとこの栽培法を広げていきたいと考えています。

4. もう1つの理由-現代社会の課題

自然栽培に力を入れるもう1つの理由に、現代社会の大きな課題があります。

日本の安全基準では身を守れない時代に
食料や日常品(洗剤や芳香剤殺虫剤など)において、現在の日本の安全基準環境は、EUとは比較にならないほど安全基準が甘い状態です。
さらに米国からの働きで、遺伝子組み換え表示義務も甘くなり、残留農薬の基準も10年前と比べ小麦の例で50倍も甘くなっている項目(グリホサート)もあります。

その一方で、身体の不調を訴える現代人(特にこどもさん)がここ数年急に増えてきました。
(当園のお客様の中では、10年前で1割程度、今では約3割に増えています。)
日本の安全基準では身を守れなくなり、健康を維持するには厳しい時代と言えるようです。

お役立ちの可能性?
このような中、生命力あふれる元気な自然栽培のお米は「みなさまのお役に立てるのでは?」と自信を感じています。
田んぼの力はそこに住む生き物たちへ、そして稲の力へ、さらに元気なお米へと引き継がれます。)
より生命力のあるお米を食べて頂くことでより健康的な生活に貢献できると考えています。

さらに「お米アレルギー」でお困りの方にも!
多様なアレルギー原因がある中で、肥料を一切使わない自然栽培であれば、アレルギーのリスクを大きく軽減できるのでは?と考えました。(医学界ではアレルギー患者が増えた要因として、抗菌殺菌意識など衛生的環境が整い過ぎ腸内細菌の多種多様性が損なわれたためとされています。)
そこで、お米アレルギーの方に人気で完売が続いていた「有機栽培ササニシキ」を、2019年度より「自然栽培ササニシキ」に切り替え栽培中です。
【発売開始のご案内】ササニシキの収穫は終わり、2019年10月3日より「自然栽培ササニシキ」の一般販売を開始しました。

5. 自然栽培 拡充宣言!

これらのことから、2019年度から自然栽培面積を大幅に拡大しました。
生命力あふれる元気な自然栽培のお米をぜひお試しください。
今後も今までと同様に「NPO無施肥無農薬調査研究所」の認証取得予定です。

自然栽培米をお求め安い価格へ
さらに、有機栽培をご利用中のお客様に自然栽培をお試しいただけるよう、価格を抑える努力もしました。(お米の価格は面積当たりの収穫量に大きく左右されますが、今回は無視しました。)
(自然栽培米の一覧はこちら

最後に、中道農園は常に進化できるよう
「日々イネを観察し、思考錯誤・改善」の努力をしてまいります。
今後とも末永く応援いただきますよう、よろしくお願いします。

中道農園の商品一覧はこちら

2019.07.31  農園日記

送料改定のお知らせ

いつも中道農園をご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、当園提携の運送会社の送料改定に伴い、送料および送料無料適用のご注文金額を改定させていただくこととなりました。

お客様にご負担がかからないよう、できる限り価格の維持に努めて参りましたが、企業努力のみでご提供することが大変に困難な状況となってしまいました。
お客様には大変心苦しいお願いとなり、誠に恐縮ではございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

改定内容

送料および配送料無料の対象となる注文金額
2019年8月16日(金)午前9時以降(システムメンテナンス終了後)のご注文分より、下記の内容となります。

年間予約のお客様へ
2019年9月配送の年間予約の送料は、改定前の送料でお届けさせていただきます。
2019年10月配送の送料は改定後の送料となります。

送料無料適用のご注文金額 (税込)
改定前 改定後
8月16日〜
送料無料適用のご注文金額 12,300円以上で送料無料 13,000円以上で送料無料

送料 (税込)
改定前 改定後
8月16日〜
北海道 1,600円 1,700円
青森、岩手、宮城
秋田、山形、福島
1,100円 1,150円
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨 900円 950円
新潟、長野、富山
石川、福井
900円 950円
愛知、岐阜
静岡、三重
900円 950円
大阪、兵庫、京都
滋賀、奈良、和歌山
900円 950円
鳥取、島根、岡山
広島、山口
900円 950円
徳島、香川
愛媛、高知
900円 950円
福岡、佐賀、長崎
熊本、大分、宮崎
鹿児島
900円 950円
沖縄 1,500円 1,700円
離島 実費問い合わせ お問い合わせ

今後も運送会社より送料改定があった際は、年間予約のお客様の送料も含めて、送料改定となる場合がございます。
(2019年9月配送の年間予約の送料は、改定前の送料でお届けさせていただきます。)

誠に心苦しいことではございますが、何卒ご理解をたまわりますようお願い申し上げます。

なぜオーガニックが普及しないのか

今回は「意識」と言う切り口で考えてみた。

SNSなどで普通の栽培方法とオーガニック(有機)との対立がよく起きて場合によっては悲しくなってしまうことがある。
オーガニックや自然栽培を進めている人たちは心配しすぎるのでしょうか?、
いや普通栽培で完璧だと思う方は楽天すぎるのでしょうか?
どうも見る人々の性格の違いではなさそうです。
ではなぜこんなに見る視点が違うのだろうか?
有機派の人たちの多くに、自分もしくは身の回りで大きな問題事に直面している人が目立つ。その問題解決をするために自ら色々と情報を集めて判断行動を始める人たちです。
このような人たちは自らが苦労して集めた情報を他の人にも共有したいと言う行動に駆られます。「この考え方こっちの方がより幸せに近くなるよ!」ってお誘いしたくなってしまう!
一方、今現在何の問題もない人たちからすれば、「そんなに心配しなくたって大丈夫だよ」って感覚で受け止めてしまう。余計なおせっかいかな?
もう一点、一般に比べてオーガニック系は大幅にコスト高になる現実がある。「今はっきりと見えもしない心配事にコストをかける余裕はないですよ」となる、当然ですよね。
(唯、ここで大切なのは「未来コスト」です。

現代人が地球上で散らかし放題にしておいて、未来の子供や孫達に「後はお片付けお願いね」って言うのは無責任ですよね)

ここでそれぞれが持つ情報の質と量の違いで判断行動が分かれてしまいます。
自らの身を守るために自らが集め確認した情報に対し、
経済最優先の圧倒的なパワーと彼ら目線の大量の情報で、
我々を経済的価値で利用しようとする情報。
(僕個人としては、この違いに気付いて欲しいのです。)
特に日常生活に影響率の高い項目だけでも再検証して頂きたいのです。
「自分や家族の今と未来を確保する為に!」
(結果として僕からのお願いブログになってしまいました。ごめなさい!)
                                                    中道唯幸

2019.06.27  農園日記

なぜ 自然栽培??

有機栽培を始めた理由は、僕自身が「ケミカルで身体を壊したから」で、折に触れてお話しさせてもらってますが、

自然栽培(無施肥無農薬)を始めた理由や、お客様に広げたい理由は整理してお話が出来ていなかったので、内部資料なんですが公開しちゃいますね。

 

自然栽培 始めた理由

  • 有機栽培(農薬や化学資材を使わず)を進める中で、土が育ち肥沃になり肥料の必要が少なくなってきた。
  • 有機資材は概ね食品残差などを使う、いずれ食糧が今以上に貴重となり残渣といえども入手困難な時代がくるのでは?
  • 肥料の有無で、肥料の役割が確認できるのでは?

 

自然栽培 不安要素

  • 肥料も与えなければ、いずれは養分が枯渇し何も育たなくなるのでは?
  • 害虫や病気になった時、手立てが出来ないが大丈夫だろうか?

 

実際にやってみると

  • 開始3~5年は想定どうり収穫量は落ちる一方、でもその後急に回復し有機栽培時の7割程度の収穫が得られる。(多種多様な生命体(微生物植物動物など)の活性化により養分の供給が促される)
  • 多様な生き物環境の中で、天敵も育っているので害虫による被害はほとんど無い。
  • 病気も他の栽培方法と同じように初期発生は観られる場合があるか、その後その病気が進展しない。(自己防御能力が高い)

 

思わぬ現象も

  • お米が異常に綺麗! (一粒一粒充実したお米)
  • 古米、古古米になっても味が落ちない。(古米の方が美味しいと評価される)
  • お米がしっかりとしていて少し硬いが、よく噛むと味わいが深い!

 

現代課題と お役立ちの可能性は?

  • 身体の不調をかかえる現代人(特に子どもさん)がここ数年急に増えた。

(稲の力はお米に引き継がれます、より生命力のあるお米を食べて欲しい)

  • さらに「お米アレルギー」でお困りの方も!

(多様なアレルギー原因がある中で、資材を一切使わ無い自然栽培であればそのリスクを大きく軽減できるのでは?)(お米アレルギーの出にくいササニシキの自然栽培米)(医学界ではアレルギー患者が増えた要因として、抗菌殺菌意識など衛生的環境が整い過ぎ腸内細菌の多種多様性が損なわれたためとされている)

  • 食べ物が柔らかくなり噛む回数が少なくなった現代食生活。(硬いが噛むほど味があるお米なら、よく噛んで食べてもらえるのでは?)

 

以上です。
生産者にとって魅力的な自然栽培は、食べるに人にとっても魅力ある農法であることに気が付き、より多くの人たちと共有したいと思っています。

平素は格別のご愛顧くださり心より御礼申し上げます。
大阪で開催される「G20大阪サミット」の開催に伴い、開催地周辺では交通規制が行われます。
交規制期間中は大阪市内および付近を中心にお荷物の集荷・配達に遅れが生じる可能性がございます。
詳細はヤマト運輸のホームページをご覧ください。

「G20サミット」に伴う一部配送遅延のお知らせ

●交通規制期間
2019年6月27日(木)~2019年7月2日(火)
交通規制期間中は、交通規制対象地域へのお届け日指定ならびにお届け時間帯の指定はお受けすることができません。

●交通規制対象地域
大阪府(全域)、兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)

詳細はヤマト運輸のホームページをご覧ください。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_190531_02.html

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、
何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

中平素は格別のご愛顧くださり心より御礼申し上げます。
2019年度のゴールデンウィーク休業についてお知らせ申し上げます。

GW休業日

2019年4月27日(土)~2019年5月6日(月)
※暦通りの祝日休業となります
※ご注文は受付可(GW休業中の出荷は不可)

GW休業期間中のご注文・お問い合わせは、
GW休業期間後5月7日(火)より順次対応させていただきます。

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、
何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

2019.02.23  農園日記

何も入って無い贅沢

「何も入って無い贅沢」お米の勉強会の会報誌なんか考え さされちゃいます。

中道 唯幸さんの投稿 2019年2月22日金曜日

2019.02.11  農園日記

理想の「トラクター」

「理想のトラクター」ってなんだろ?僕の至福の時と言えば文句無しにトラクター作業。それじゃ…

中道 唯幸さんの投稿 2019年2月11日月曜日

「あなたは何を捨てられますか?」先日学んだこの…

中道 唯幸さんの投稿 2019年2月8日金曜日

2019.02.05  農園日記

「オーガニック」は「生き様」

「オーガニック」とは「生き様」オーガニック先進国である「EU 」では こう訳されている。日本では、安全 美味しい 環境に良いなどと訳される。この違いがオーガニック市場の普及率の違いなんだろう? 先進国では、農法の違いで食べる人たちの支持をもらっているのではなくて、個々の農家の生き様を応援したくて選ばれている。 長年の僕の難問が解けた! ٩( ᐛ )و

中道 唯幸さんの投稿 2019年2月5日火曜日